ホーム
教育研修・キャリアパスについて

教育研修・キャリアパスについて

最高の人財が育つ最高の環境を本気で目指しています。

「企業は人なり」とは言いますが、CROにとって唯一無二の財産はまさに“人”です。
健康産業に貢献したいという強い想いを持ち、想いを実現するために誰よりも熱く行動していく。
これが当社の求める人財像です。
CRO業界では今大きな環境変化が起きています。専門性の強化や人間性を磨くことはもちろん、“サービスからソリューション”への転換を図るべく、常に市場の先をにらみ、幅広い視点で自分の業務をとらえ直すことができるビジネスリーダーの輩出にも力を入れています。例えば、アライアンスや新規事業の検討、全組織にまたがるような開発案件のコーディネート、開発コンサルティングを行う組織での経験などです。
イーピーエスには最高の人財が育つ最高の環境があります。

研修制度

研修風景

CRO業界のパイオニアとして1991年に誕生して以来、多くの新卒・中途社員が研修を通じて学び、気づき、成長を続けてきました。リーディングカンパニーとして長年培ってきた経験やノウハウ、各界の専門家と協力して創り上げてきた最新かつ充実した研修制度が当社にはあります。

階層別研修

各階層に期待される役割の理解ならびに求められる“マネジメント力”を身に付けることが目的の研修です。自立したビジネスパーソンになるための「新卒導入研修」「新卒フォロー研修」に始まり、中堅社員にはコンピテンシーの向上に向け、推奨等級や役割に応じた課題解決力や対人関係力を身につける100種類以上の研修が用意されています(例:ロジカルシンキング、タイムマネジメント、プレゼン、交渉力、判断力ほか)。管理職手前ではリーダーシップや財務諸表を学び、管理職では、労務管理、人事評価に始まり、部下育成や組織マネジメントなどマネジャーとして活躍するための環境が用意されています。研修では、当日の気付きや学びは勿論、研修と職場が繋がることを重視、仕事を通して成長するための様々な仕組みが用意されています。

目的別研修

国際共同試験が当たり前になった昨今、語学力の重要性が高まっています。「ビジネス英語強化プログラム」では、受講前のアセスメントにより個別にカリキュラムを構成。マンツーマンの電話レッスンにより、時間や場所を選ばず効率的に学習することができます。「医薬専門英語プログラム」では、臨床試験における実践的なテーマにおけるプレゼンやディスカッションのスキル向上を図ります。その他情報セキュリティ、CSRや徹底されたコンプライアンス教育などの研修が整備されています。

全社共有専門研修

未経験者が医療業界や新薬開発、各種法規制、試験デザインから解析までの一連の流れなどについて、一から習得できるような設計された導入教育や、各種疾患、再生医療、RBM、CDISCなどの分野において、各界の著名な講師を招き専門性を強化するための研修を多数実施しています。

職種別研修

モニタリング、データマネジメント、統計解析、安全性情報、メディカルライティングなど、職種ごとに研修委員会を設置。計画的な人財育成を図るべく導入・継続研修を体系化しています。モニター導入・継続研修、DM初・中・上級研修など、集合研修やイーラーニング、ロールプレイングなどを駆使し、実践的なノウハウを段階的に身につけることができます。

e-learning

社内教育ツールにe-learningを導入しています。財務、コンプライアンス・情報セキュリティなどの一般分野から、臨床試験・医学知識・薬学知識・職種別導入・継続研修・臨床研究など常時50以上の多岐にわたるテーマについて、“いつでも、どこでも受講できる”環境を整えています。忙しい業務の合間でも自己学習が可能です。

学会・セミナー

各々の啓発課題などに応じて、国内外の各種学会やセミナーに参加、最新情報に触れ学ぶことができます。これまでに、米国癌治療学会議(American Society of Clinical Oncology)や医薬品開発に関する革新を推し進める知識交換のための国際フォーラムDIA(Drug Information Association)などに、多くの社員が参加しています。

OJT

研修制度がどんなに立派でも、OJT(職場での日常的な教育)がしっかり行わなければ人は育ちません。学びや気付きの多くは、仕事での成功や失敗、上司・先輩・同僚、ライバルを通した“経験”から得ていくもの。当社では、新卒や中途に関わらず、入社直後は一定期間トレーナーがつき、業務上の指導はもちろんメンタル面のケアもしっかり行います。また、日々の業務改善活動の成果を競う「PDCA発表会」、行動指針を体現したプロジェクトや個人を表彰する「経営理念表彰式」、成功・失敗事例、最新ナレッジを共有する機会など、部や課を超えた様々な人財育成の取り組みが日常的に行われています。支え合い、切磋琢磨し、成長し続けるための仕組みと風土が根付いています。

教育

キャリア

イーピーエスには評価制度(コンピテンシー)の下、適宜上司と面談(年5回)しながら等級毎に求められる役割を果たし、キャリアアップする仕組みがあります。組織の長としてメンバーを育成、人や組織の成長を通じて、事業の成長に貢献する。プロフェッショナルとして専門性をとことん突き詰めることで、顧客の問題を解決する。ビジネスリーダーとして、顧客に対して新たな付加価値を提供する。個人の経験や適性、希望に応じたキャリアパスが用意されています。また、自律的なキャリア形成の支援、適材適所や組織活性化を目的に、キャリアチェンジを実現する「社内公募制度」、「自己申告制度」などの仕組みが整備されています。柔軟なマッチング機会を提供し続け、個と組織の最適な関係を実現していきます。

エントランス

社内公募制度

条件を満たせば、社内に公開されている募集職種へキャリアチェンジできる制度。グループを含めれば常時20職種以上あります。多くの社員が毎年、本制度を利用し、理想のキャリアを実現しています。

自己申告制度

年に一度、全社員を対象に今後のキャリアの方向性や挑戦したい職種などについて確認しています。希望に応じて面談を行い、タイミングや条件が揃えば異動ができる仕組みです。経験や価値感、ライフイベントなどに合わせて柔軟にキャリアを歩めます。

このページのトップへ
  • イーピーエスの強み
  • 教育研修・キャリアパスについて
  • 進化を続ける製薬業界とCROの存在意義
  • データで見るイーピーエス
  • カルチャー
  • 新卒採用情報
    職種紹介
    新たなる領域に挑み、CROの未来を切り開く
    新規サービスの構築、更なる事業拡大へ
    よくあるご質問
  • キャリア採用情報
    キャリア採用募集要項
    イーピーエス転職ガイド
    転職者の声
    キャリア採用募集職種新規ウィンドウ
  • 障がい者採用情報